グルメ奉行と自遊帳

旅食同源  探究心〓情報収集能力〓行動力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

利群 ~中国北京市~ 『胡同にある辺鄙な名店』

香満楼でアクシデントに見舞われ
傷心な気分でタクシーに乗り込んで
店の最寄の大通りで降ろしてもらう。
ここからは胡同(フートン:北京に広がる細い小道)なので徒歩。
しかしここで利群に来る客を狙うリキシャが虎視眈々と
ボッタクれる客を狙っているわけです。
店への距離感がわからない我々はまんまと口車に乗せられて
3人で10元と入念に確認を取ったわけですが、
まあ1人10元くらいでボッテくるだろうとは予想していた。

やや遠回りにリキシャが走り、店の50mほど手前で降ろす。
店の目の前まで行かないのは訳があるのだろう…。
後姿だけだけど、こいつらには要注意!
結局到着すると1人20元という法外な額を要求してきたが、
早くメシにありつきたかった我々は言い争いもほどほどに
1人10元を払ってしつこい請求を振りきって店に入るのでした。
本来ならば3人で10元でもいいところなのですが。。。
IMG_5997.jpg

わかりにくい立地だけど、↓のようにしっかり道案内はしてくれているので、
リキシャなど使わずに歩いても大通りから4、5分ほどのところにある。(帰り道に撮影)
IMG_6035.jpg

店の前には帰りの客を狙うリキシャがたむろしているので要注意。
帰りに乗車を断ると、「小日本(シャオリーベン)!」などと堂々と悪態をつくとんでもチーノども。


さて、店に到着。
なんでこんな辺鄙な胡同に居座り続けるのか知りませんが、
この風情が売りなんでしょうか…?
IMG_6034.jpg

IMG_6033.jpg


増築に増築を重ねたような、統一感のない店。
あらゆる部屋というか区画が存在する。
IMG_5999.jpg

IMG_6002.jpg

どうやら中央のメインの部屋に案内されました。
はじめ「予約はない」というと断られましたが、日本人とわかると通してくれました。
おそらく現地人は予約必須な店なのでしょう。確かに混雑する人気店です。

この店は注文後に焼くスタイルではなく、ある程度のオーダーを見越して鴨を焼いてるようです。
当然オーダーが入るのですからそのほうがはるかに効率的ですね。

北京ダック(烤鴨:カオヤー)のセット98元。これはダックを巻く米皮餅とタレ、葱、キュウリなどがついた標準的なセット。
葱と米皮餅をおかわりしましたが、どちらも安いものです。
IMG_6005.jpg

席のすぐ後ろ冷蔵庫に下焼き?された鴨がたくさん。
IMG_6009.jpg

紹興酒5年ものを燗で 55元/瓶。
IMG_6008.jpg

一品料理メニューもたくさんあります。
ちょっとオーダーミスして来てしまった「イカの甘酢あんかけ」。
IMG_6017.jpg

注文してないのにきてしまった謎の「ホタテ貝柱の塩味炒め」
IMG_6018.jpg


さて、いよいよやっとご対面の北京で食べる本格北京ダック。
噂によるとこの店は北京でも指折りの味を堪能させてくれるのだとか。
しかもリーズナブル。。。
IMG_6010.jpg

↓この皿が2枚分出てきます。
3人では当然飽きてくる量ですけど・・・
IMG_6011.jpg

皮と身を一緒食べるスタイル。
脂っこくないので意外に食べれます。
IMG_6016.jpg

以前、香港で北京ダックの元祖として有名な「全聚徳」で食べたのですが、
そこはクリスピーな皮をはじめに提供して、身の肉は後で別にもってきてくれたました。

ここのタレは若干の苦味があって、甘すぎず、飽きが来ないのが特徴でしょうか。
ビターな大人の味という感じです。
脂の具合もちょうどよく、3人で2皿をペロリと平らげてしまいました。
とはいっても今回初の北京遠征でしたから、
お約束として北京ダックを食べましたが、
特別に美味しいとは思えない料理であるという考えがありますので、
今後各国の中国料理屋に行っても好んで食べようとも思いませんが。。。

店の雰囲気や店員の気遣いは非常にフレンドリーです。
ある意味で観光客慣れしているようでした。
当日も数組の日本人を見かけました。
IMG_6023.jpg

鴨を焼く特別な部屋も親切に見せてくれました。
IMG_6030.jpg

こちらは普通の厨房
IMG_6022.jpg

待ち客用に練炭も火を起こしてあります。
IMG_6031.jpg


味も美味しいですが、中国では珍しくホスピタリティも備わっているお店でした。
あとははじめて来る客でも分かるように大通りに引っ越すか支店でも出してほしいものですが、
あの胡同にある佇まいがいいのですかね~。

Rating:★★★★☆

利群 烤鴨店
中国北京市崇文区前門東大街正義路南口北翔風11号
Tel:010-67055578、67025681
スポンサーサイト


  1. 2007/01/19(金) 08:42:43|
  2. 中華・中国料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

王府井B級グルメ ~中国北京市~ 『ゲテから旨そうなものまで』  | ホーム | 香満樓酒家 ~中国北京市~ 『最悪な対応の店』

コメント

初めまして

ブログ初心者で失礼があったらご免なさい。
北京ダックの迫力に圧倒されまた。
今夜はこの画面をおかずに
ご飯にしましょう。いただきます。
  1. 2007/01/22(月) 16:16:28 |
  2. URL |
  3. 赤朽葉 #1fe0u8Tw |
  4. 編集

はじめまして

赤朽葉さま こんばんは。
高CPな北京ダックでした。
画像をおかずに・・・
たっぷり召し上がれ。。。
  1. 2007/01/22(月) 20:41:27 |
  2. URL |
  3. ぼんた #qr7mm/lQ |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonkenny.blog48.fc2.com/tb.php/534-bb37608d

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。