FC2ブログ

グルメ奉行と自遊帳

旅食同源  探究心〓情報収集能力〓行動力

たべた ~千葉県東庄町~ 『天然うなぎに舌鼓!』

比較的リーズナブルに天然うなぎが食べられ、
よほど売り切れや不漁でもない限り常時
天然物を入荷しているという稀有な店。

マスコミにも度々登場している有名店ですね。

田んぼの真ん中の一軒家です。
IMG_3243.jpg

中は広々、座敷がたくさんあります。
IMG_3235.jpg

うなぎ以外にもドジョウやシジミなど、割烹川魚料理屋としてのメニューも豊富。
IMG_3233.jpg

IMG_3234.jpg

IMG_3236.jpg


うなぎは値段が高い順に「利根川産の天然鰻」「坂東太郎の養殖物」「通常の養殖物」に大別されるようです。

せっかくなので、うなぎが小さくとも天然うな重(2,310円)を注文。
注文を受けてからさばくので、出来上がりまで時間がかかる。
30分くらい待っただろうか。
IMG_3238.jpg

IMG_3239.jpg

店員さんが「小さいですよ」ともうひとつ上のクラス(2,950円)をすすめてきたけど、まあこれで十分です。
小さいうなぎの3/4匹分ですかね。

余分な脂がなく、野趣な風味が広がるうなぎは養殖物のうなぎとは
ひと味もふた味も違う。
胃のもたれ感とか口の中に残る脂感は皆無。
ペロッと食べてしまった。


皮めがどす黒く、養殖では白い皮が黄色いのが特徴的。しっかりしたハリと強さは天然物特有で食感が異なる。
IMG_3242.jpg


おしんことシジミの味噌汁がつく。
IMG_3240.jpg

IMG_3241.jpg


一番高い天然うな重(上)はなんと5,460円!
“ぼっか”(通常鰻屋では出ない特大のもの)というサイズ。
一度食べてみたい・・・。

大変貴重な体験をしました。
なかなか天然うなぎを食べる機会はありませんから。
ゴルフの帰りに時々通るルートなので、また今度。

Rating:★★★★☆

割烹 たべた
千葉県香取郡東庄笹川い4716
Tel:0478-86-5003
営:11~14
  17~21
休:木


スポンサーサイト



  1. 2006/07/30(日) 01:02:59|
  2. 和食|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

やましょう ~茨城県鹿嶋市~ 『絶品!大はまぐり』

茨城の鹿島灘沖は日本有数の“はまぐり”産地。
成人男性の手のひらほどの大きさもあるはまぐりは
旨みがタプ~リ、食べ応えも十分なほど大きい。

そんな“巨大はまぐり”をやっつけに遠征してみました。

こちら地元の海鮮料理では指折りの存在。
地元はもちろんサーファーや観光客も足繁く通います。
IMG_3205.jpg

IMG_3206.jpg


母屋の外には水槽があって土産用でしょうか、
帆立や牡蠣もいますね。
IMG_3202.jpg

IMG_3203.jpg


店内は広々、だけどお昼過ぎにはあっと言う間に満席。
IMG_3230.jpg

IMG_3209.jpg

焼きものの他に丼物もあります。
値段もリーズナブルな設定!
IMG_3207.jpg

IMG_3208.jpg

オススメはこちら
IMG_3210.jpg


続々と客が来ます。
サーファーが数組・・・全員ほとんどビールあおってますが、
誰が運転するんじゃ・・・?
他には会社員、観光客が数組。

店内にも水槽。
IMG_3218.jpg

そして地元産のピーマン。
サービスで人数分頂けます。
IMG_3219.jpg


はまぐりは@1,500円/皿で大きいものが3個(大きさによって変動する)か、小さいものが10個のどちらかを選ぶ。
我々は2皿頼んで、10個のと、3個(サービスで4個にしてもらった)を1皿ずつ選んだ。
それに「大あさり」(1,000円/4個)を注文。

↓ぜ~んぶのアングル
IMG_3211_1.jpg

↓並べてみました
左から、大粒のはまぐり、小粒のはまぐり、大あさり
IMG_3223.jpg

サービスのイカ、ピーマンを焼いてます。
IMG_3216.jpg

IMG_3217.jpg

香ばしいイカはタレに漬け込んであって、ウマ~~イ!
IMG_3215.jpg


↓小粒のはまぐり
IMG_3212.jpg

↓大あさり
IMG_3213.jpg

↓大粒はまぐり
大あさりより2まわりほど大きい!
IMG_3214.jpg


小粒はまぐりがいい具合に焼けてきます。
タレをかけなくても十分すぎるほど美味しさが出てくるスープ。。。
IMG_3221.jpg

続いて大あさり
水管?がニョロ~~~と伸びてきますが、
絶命して美味しくなります。。。チ~ン
あさり独特の旨みが口の中に広がります!!ウマッ。
IMG_3224.jpg

IMG_3226.jpg

IMG_3232.jpg

ラストは大粒のはまぐり~~
ここまで来ないと体感できない新鮮な味。
プリプリでふっくら、旨みがすごいです!ヤバイ・・・癖になりそう。

IMG_3227.jpg

IMG_3228.jpg

IMG_3229.jpg


いや~~すばらしい絶品はまぐりです。
地元で食べてもこの値段ですから、
東京のちょっとした所で食べたらいくらなんでしょう?

ビールでも飲みながらはまぐりを食べられれば最高なんですけどね。
後先考えないサーファーはもう慣れっこのようですよ。コワイコワイ。

ビールのCMで佐藤浩市も実際に食べたという鹿島産のはまぐり。
また来たいですねここは。。。

蛤豆知識
鹿島灘産の蛤は国内生産の約過半数
蛤は浜に住み、その姿が栗に似ていることから「浜栗」と
呼ばれるようになったと伝えられる。
また蛤は二枚貝で、その蝶つがいを外すと何百万の蛤の中でも
元の貝としか合わないことから、縁を結ぶめでたい席での食材として昔から親しまれる。
 お店のパンフより抜粋

4,000円/2人

Rating:★★★★☆

浜茶屋 やましょう
茨城県鹿嶋市荒野779-1
Tel:0299-69-1668
営:10:30~19
休:木


  1. 2006/07/30(日) 00:32:27|
  2. 海鮮|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

| ホーム |